★医学部の再受験って合格できるの?!受かるためのポイントは!!★

近年の不況の煽りなどもあり医師を目指す学生や社会人は増加しています。その中でも一度医学部を受験して失敗し、一度社会に出てからもう一度医師を目指す人たちも増えています。ここでは医学部の再受験で受かるためのポイントをご紹介しています。まずは自分の今の実力である偏差値をしっかりと把握するために模擬試験などを受けることから始めましょう。自分の偏差値を知ることはどの医学部を受験することが一番効率的に医師になることができるのかで、大変重要となります。また、早期に自分の偏差値状況を知り、今後どのような勉強方法・スケジュールで合格を目指すのかを早期に決定することは医学部を再受験する人にとって一番のポイントとなってきます。また、医学部を再受験する人のほとんどは受験科目の少ない私立の大学を選んでいます。時間の限られた受験勉強の中で効率的に偏差値を上げた方がより合格に近づくことが理由の一つでしょう。そこでもう一つのポイントとしては医学部予備校選びでしょう。医学部予備校はそれぞれに特徴があり、医学部の再受験に特化した医学部予備校、私立の医学部の過去問対策専門の予備校など再受験する際に必要なカリキュラムを組んでいるので無駄のない勉強ができます。このように医学部を再受験する際にはまずは偏差値情報などを集め、早期に志望大学を決定し目標に合った医学部予備校を利用することが合格を勝ち取るためのポイントと言えるでしょう!

医学部再受験情報NAVIはコチラ

URL:xn--36qt4bon05v4y3eorl.net

医学部再受験で注意したいこと

独学は回避できる環境を用意

医学部再受験生は独学を選び市販の参考書で勉強する人が多いです。
ブログ等でも独学で合格している医学部再受験生がいますが、こちらはごく少数だと思っておいて良いでしょう。
実際は、多くの医学部再受験生が途中で挫折してしまっています。
受験勉強から遠ざかっている医学部再受験生ほど学習環境は重要です。
質問がいつでも可能な丁寧なサポート環境と、学習計画通りに勉強が進んでいるかを常に管理してくれる医学部予備校で勉強することは合格への一番の近道となります。

大手だけでなく専門予備校も選択肢に入れる

予備校に行く場合、専門予備校をおすすめしましたが、多く医学部再受験生は大手に行きがち。
これは、大手は知名度があり医学部受験生が多いから。
また、医学部予備校と比較して学費が非常にリーズナブルなことがあげられます。
ただし、大手は医学部予備校のように手厚いサポートはありません
自分で学習を管理していく必要があるため、自己管理ができないと合格は厳しいです。

合格できる医学部を選ぶ

医学部再受験生の場合、知っている人も多いと思いますが大学には年齢に寛容な場合と、そうでない場合があります。
自分が行きたい大学が医学部再受験生に寛容的な大学という保証はありません。
ただでさえ合格が難しい医学部受験なのに、大学にこだわる余裕は医学部再受験生にはないのです。
決して高くはない成功率にもかかわらず、あえて不利な大学に挑戦する意味はあるのでしょうか?
1年でも早く医学部に合格して医師になることは医学部再受験にとっては重要な考え方です。
したがって、医学部再受験生は行きたい大学ではなく、「合格できる大学」を選ぶことが前提となります。