★公務員になりたいなら専門学校に通わないと!最短合格を目指す!!★

公務員専門学校は公務員に合格したほとんど人が利用しています。その理由は、各公務員専門学校で入試傾向や論文対策などをそれぞれで分析し効率的に公務員に合格できるカリキュラムを用意しているところです。公務員専門学校では学生、社会人のどちらの場合でも勉強と仕事との両立が可能な講座を設置しているので無理なく集中して勉強することが可能です、その他ほとんどの専門学校ではDVD授業やウェブ授業でのフォローサービスを提供しているので忙しくて時間が取れない人は後でまとめて学習することができるので、自分の生活リズムに合わせて公務員を目指すことができることが大きなメリットとなっています。独学で公務員試験に合格できるかというと中々難しいのが現状でしょう。公務員を目指すライバルたちのほとんどは公務員専門学校で効率的に試験対策を行っていますので独学での情報量と専門学校に通う情報量ではかなりの差が出てしまいます。特に出題傾向に大きな変更があった場合などいち早くその対策を行ってくれるので差は開くばかりと言えるでしょう。上記のとおり公務員を目指すなら公務員専門学校に通うことが最短合格への第一歩となりますので、まずは気になる専門学校に資料請求などをしてみて情報を集めることから始めましょう!

★公務員専門学校では大卒程度も目指せる?大原なら学資・専門士のダブル取得が可能★

公務員専門学校へ進学する最も多い層は高卒生ではないでしょうか。公務員も高卒程度で受験できる職種もありますが、大卒程度の方が選択肢は広がるだけでなく、より高い報酬や地位を得ることが可能になります。では、大学を卒業してから公務員専門学校に通ったほうが良いかというと、それも1つの方法です。ですが、公務員専門学校の中には大学卒業資格を取得できるケースもあります。例えば、公務員専門学校の中でも高い人気を誇る大原学園では、大学卒業資格同時取得コースを開講しています。専門学校卒業時に授与される専門士だけでなく、学士号も取得できるコースです。流れとしては、まず大原で2年間公務員専門学校の勉強を行います。そして、3年次からは継続して専門学校のカリキュラムを勉強すると並行して大学の通信課程に編入するというシステムです。大原の場合、近畿大学と産業能率大学の2大学から選択が可能で、大原による大学単位取得のサポートを受けながら勉強していきます。大学の勉強中も並行して大原のカリキュラムで公務員試験対策ができるので、卒業後は国家公務員大卒程度あるいは地方上級などで活躍することが可能です。通常であれば、大学を卒業してから公務員専門学校に入り直すと合計5年間あるいは6年間の時間がかかってしまいます。しかし、大原のようなコースを選択すれば4年間で公務員試験合格がめざせるため時間を節約することが可能です。さらに、大学の学費は大原が負担してくれるケースもあるため、費用面でもお得になります。もし、公務員になりたいけど進路に悩んでいる高校生がいれば、公務員専門学校で大卒も公務員試験も取ってしまうのも1つの方法です。時間とお金を有効に使いながら公務員という夢を実現することが可能になります。また、専門士だけでなく大卒という学歴を持っておけば、将来の選択肢も広げることができるので、より自分が進みたい道に行きやすくなります。ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。